乗り -モンハン4G-

モンハン4G攻略>乗り


乗りについて

概要

モンスターハンター4から登場したモンスターへの「乗り」。これは毒や麻痺などと同じで状態異常扱いになっており、段差を利用したジャンプ攻撃や操虫棒やランスのジャンプ攻撃を何回か当てることで発生する。状態異常の一種のため、一度発生するたびにどんどん耐性が上昇していき、ジャンプ攻撃を当てても発生しにくくなる。乗りを成功させるとモンスターは長時間のダウン状態となり、格好の攻撃チャンスとなる。
なお、乗り成功時にはごくわずかにダメージが入っているが、乗ってナイフで刺している動作自体には攻撃力は存在しない。したがって、乗りを失敗した場合、モンスターはノーダメージとなっている。稀に乗り成功で敵を倒せる場合もあるが、これはドスジャギィなど、中型モンスター以外ではまず発生しない。

手順

乗りが発生するとモンスターが地面に倒れる。そしてその後ジャンプ攻撃を当てたハンターが大きくジャンプしてそのモンスターの上へと乗る。
乗るとゲージが出現。Rボタンは離さずに押し続けて、ゲージが緑色になっている(モンスターが大人しくなっている)状態のときにX、またはAボタンを連打してゲージを右側へ上昇させていく。
ゲージが赤色になっている(モンスターが暴れている)状態の時はボタン連打を止め、大人しくなるまで耐える。暴れているときにX、またはAを押してしまうとモンスターの口を燃した赤いアイコンが左から右へと、緑ゲージを食うように迫ってきて、緑ゲージが全て食い尽くされると失敗となってしまう。

乗りの難易度

モンスターごとに乗りが発生した際の暴れ方には差異があり、基本的には強い大型モンスターであるほどに暴れ方も激しくなるので成功させにくくなっていく。モンスターの格とほぼ比例すると考えても間違いではない。以下ではモンスターごとの乗りの成功難易度を掲載する。

乗り難易度ランク

4段階で評価。亜種、希少種の違いは無いので原種のみ。★4に関してはスタミナを最大まで上げた状態でないと失敗する可能性が非常に高い。
よって、スタミナが少しでも減っている場合、ジャンプ攻撃は避けるようにしたほうがいい。せっかく発生しても十中八九失敗する。ただしスキルの「乗り名人」が発動している場合はこの限りではない。

難易度 モンスター
★★★★ ミラボレアス、アカムトルム、クシャルダオラ、テオ・テスカトル、ラージャン、イャンガルルガ
★★★ ティガレックス、キリン、グラビモス、テツカブラ、ガララアジャラ、イビルジョー
★★ ブラキディオス、ネルスキュラ、ケチャワチャ
ドスジャギィ、ドスイーオス、ドスゲネポス、ドスランポス

モンハン4G攻略>乗り