モンスター一覧と弱点早見 -モンハン4G-

モンハン4G攻略>モンスター一覧&弱点早見


モンスター一覧と弱点

名称 切断 打撃
ディアブロス 腹>翼膜>脚 腹>首>翼 尾>翼膜>腹 ×
頭は堅く通りにくい。物理攻撃が最も通りやすいのは腹。水=氷>雷=龍。火だけは通りにくいが背中と尾先には通じる。
ダイミョウザザミ 頭>胴・腕>脚 頭>胴>腕>脚・殻 頭>胴・腕・脚 -
3種類の物理はどれも頭が最も通じる。属性は雷が最も効き、次いで火。龍属性は全く通じない。
ドスガレオス 腹>首>背>尻尾 腹>首>背 首・背>腹>頭・尾 ×
物理は腹が有効。弾のみ腹より背と首が弱い。氷が弱点。雷も同じくらいに弱点だが、特に頭に対する氷属性が有効。
モノブロス 尻尾>翼>腹・脚 首>尻尾>翼 尻尾>首>腹・翼・脚 × ×
ディアブロス同様に頭が堅い。尻尾が極端に弾に弱い。水と龍が通らない。
アルセルタス 頭・腹・脚>角・爪 頭・腹・脚>角・爪 頭・腹・脚・爪>角 × × ×
頭と腹と脚が打撃に弱く、弾に限り爪も弱い。属性は雷が弱点で水と氷は頭と腹を除いて効かない。龍は完全に無効。
イビルジョー 頭>胸・後脚>尻尾 
胸>後脚>尻尾>頭・前脚
頭>胸・後脚
胸>頭・尻尾
頭>胸・後脚>胴・前脚
胸>頭・前脚・後脚・尻尾


×
×


上段が通常、下段が怒り時のデータ。通常は打撃で頭が弱点だが怒りで頭は強化され胸が弱点に。属性は龍、ついで雷が効く。
怒り喰らうイビルジョー 胸>頭・前脚・後脚・尻尾
頭・胸>前脚・後脚・尻尾
胸>頭・前脚・後脚
頭・胸>前脚・後脚
胸>頭・前脚・尻尾
頭・胸>前脚・尻尾
上段が通常、下段が怒り。通常のイビルジョーと違い通常が頭が強く怒り状態だと頭が弱くなる。尻尾は打撃に強い。属性は通常のイビルジョーと比べて全て効くようになっている。ただし胸と前脚はやや効きにくい。特に雷に極端に弱くなっている。ただ、怒り状態だと頭への属性がまったく通じなくなるという特質がある。
イャンガルルガ 頭・尾先>首>腹・翼・脚 頭・翼>首>脚>尾先 頭>腹>首 × × ×
系統では頭が共通で弱く、尻尾の先のみ切断に弱い。翼は打撃に弱い。弾は頭と腹以外効きにくい。属性では雷はほとんど効かない。龍もほとんど効かないのだが背中限定で極端に効く。安定して効くのは水と氷。
イャンクック 頭・腹・翼・尾>首 頭・腹・尾>首・背・翼 頭・首・腹・翼・尾>背 × ×
脚以外は大体弱い。属性は火は効きにくく龍は首以外は無効。もっとも効くのは氷で次いで雷。特に頭や首が属性に弱い。
イャンクック亜種 頭・首・腹・翼>背・脚・尾 頭・首・腹>背・翼 頭・首・腹・翼>脚・尾 × ×
どの攻撃系統も通じるが弾のみ背中に通じにくい。属性では水が弱点で氷や雷も効くが脚のみ通じにくい。
ウルクスス 頭・尻>上半身・腹&後脚 頭・尻>上半身・腹&後脚 頭>上半身・尻 - - -
頭、尻が弱い。弾は前脚や腹、後脚には通じにくい。属性は火属性に弱いが水、氷、龍は完全に無効化される。
ガララアジャラ 頭・後脚・尻尾>首 頭・後脚・尻尾>首 頭・後脚・尻尾>首 × × ×
首から生えているものが共鳴器官。疲れている時限定でここが極端に弱くなる。共鳴器官と前脚が氷に極端に弱い。火と龍、特に龍はほとんど通じない。
キリン 頭>胴・前脚 頭>胴・前脚 頭>前脚 - ×
三種類の打撃のどれも頭に最も通じる。逆に属性の方は胴か下半身にしか通じない。龍はわずかに通るが雷は完全に無効化される。
キリン亜種 頭>胴・前脚 頭>胴・前脚 頭>前脚 - ×
斬撃、打撃、弾に関しては原種と全く同じになっている。ただし氷属性は無効で雷属性は効くようになっている。
クシャルダオラ 頭・首>腹・前脚・後脚・尾 腹>頭>首>後脚>前脚・尾 頭・尾>首・背>腹・後脚 × -
背と翼は硬め。属性では龍と雷、特に極端に龍に弱い。
グラビモス 腹・背・翼>頭・脚
腹・背>他
頭・腹・背・翼>脚
腹・背>他
腹・背>他
腹>背>他
- × ×
上段は通常、下段は部位破壊後。部位破壊されると肉質が一気に弱くなるが通常ではどこも固い。属性は水だけ極端に効く。龍属性も効く。火属性はほぼ無効。
グラビモス亜種 背・腹・翼>頭・翼
背・腹>他
頭・背・腹>他
背・腹>他
背・腹>他
腹>背>他
- - × -
上段は通常、下段は部位破壊後。破壊後は共通して腹が極めて弱くなり背も同様。原種と同様に部位破壊で一気に肉質弱体化。原種と違って氷と龍が全く通じない。
ケチャワチャ 頭>前脚・後脚・尾>胴 頭・前脚・後脚・尻尾>胴 頭・尻尾>胴・前脚・後脚 - × × -
爪以外は大体攻撃は通じる。部位破壊後は爪の肉質が強くなる。火が弱点で水と龍は完全に無効。
ゲネル・セルタス 頭>腹>脚>胴・甲殻 頭>胴(尾)・甲殻 頭・腹(脚)>胴(尾) - -
甲殻というのは4本の脚それぞれについている硬い部分。脚というのは脚のその甲殻部分以外を指す。この部分は弾には強い。甲殻破壊後は甲殻の肉質は弱くなる。属性は火が有効だが爪と甲殻には氷属性のほうが効く。水と龍は完全無効。甲殻に限り雷も完全に無効化される。
ゲリョス 頭・首・背・腹・尾>翼・脚 頭>脚・尾>他 頭>尾>首>翼・脚>背・腹 × -
どの部位も切断には徹底して弱い。弾に対しては背と腹が強い。完全に火に弱く、雷は無効化される。
ゲリョス亜種 頭・首・背・腹・尾>翼>脚 頭>尾>他 頭・尾>首>翼・脚>背・腹 × -
原種とほとんど似たような肉質。
ゴア・マガラ 頭・首・前脚・尾>後脚 頭・首・前脚・尾>後脚 頭・首・後脚>胴・前脚・尾 - × ×
頭と首と尻尾、脚は全て物理が有効。属性は通りにくいが火属性が最も有効。水は完全無効。
ザボアザギル 背・尾>他
背>頭・胴・後脚・尾
頭・背>他
背>頭・胴・後脚・尾
頭>背・前脚・後脚・尾
背>胴・後脚・尾
- - ×
上段は通常、下段は氷纏い時。背ビレが最もよく効く弱点で次いで頭。腹は膨らみ時限定であり、背ビレや頭以上に弱く最も柔らかい肉質となっている。
シャガルマガラ 頭・首>前脚・後脚・尾 頭>首・前脚・後脚・尾 頭・首・後脚>前脚・尾 - ×
頭と首が弱い。翼脚は物理に対しては硬いが部位破壊後は柔らかくなる。火属性と龍属性が有効。物理が効きにくい翼脚だが、火と龍には弱い。水は全く効かない。
ジンオウガ 頭・背・後足>脚根・前脚
頭・背・後足・脚根>前脚
頭・後脚>背・脚根
頭・背・前脚・後脚・脚根
頭>背・後脚>胴・前脚・尾
頭・背>胴・後脚・脚根
× × - ×
上段が通常、下段が超帯電状態。頭は切、打、弾どれも非常に通りやすい。尻尾は先が固い。脚は肘から上と下で分けられている。根元側が弱い。超帯電状態になると3種の攻撃系統に関する肉質が弱まる。属性はどれも通じにくいが氷のみそこそこ通る。
ジンオウガ亜種 頭・背>後脚
頭・背>後脚
頭>背・後脚>胴・前脚
頭・背>後脚>脚根・尾根
頭>背・後脚>胴・前脚
頭・背>胴・脚根>前脚
×
×



-
-
上段が通常、下段が超帯龍状態。頭と背が弱い。超帯龍状態だと属性の耐性が弱まるが、龍属性を帯びている背中だけ全ての属性を無効にするようになってしまう。
ダラ・アマデュラ 後脚>尾先>頭・背刃・棘・爪・尾 後脚>尾先>頭・背刃・棘・爪・尾 後脚・尾先>頭>背刃・棘・爪>前脚 ×
部位の判別がしにくいが、とりあえず前脚と胸は硬く、頭と爪は弱い斬撃と打撃に対する肉質はまったく同じになっている。属性は龍属性がもっとも有効。
ダレン・モーラン 腹・口・噴気孔>脚・背ビレ 腹・口・噴気孔>脚・背ビレ 口>腹・背ビレ・噴気孔 - × -
腹や口の中が最大の弱点。これらは剣士ではバリスタで狙わなければ攻撃は難しい。また、切断や打撃と比べると弾に対する腹や噴気孔の肉質が強い。剣士で主に攻撃できる箇所は脚となる。胴よりは脚が弱い。属性も口や腹や噴気孔に対して有効。体の大部分を占める胴部分はほとんど効かないのでせめて脚を狙おう。
ティガレックス 頭>首・背・後脚・尾 頭>首・背・後脚 頭>後脚>首・背 -
怒り時は腹の打撃に対する耐性、背の弾に対する耐性が低下する。火はほぼ無効化されるが腹限定で通じる。属性では雷属性が有効で次いで水と龍。
ティガレックス亜種 頭>首・背・後脚・尾>腹・前脚 頭>首・背・後脚>腹・尾 頭>後脚>首・背・前脚 -
怒り時に打撃に対する腹の耐久、背の弾に対する耐久が現象するのが原種と全く同じ。原種と比べて雷に強くなっている代わりに水が雷よりわずかに効くようになっている。とくに頭に有効。
ティガレックス希少種 尾・後脚>腹>背>首・爪 尾・後脚>腹>背>爪・首 尾・後脚>頭・爪>腹・背 - ×
尾と後脚が柔らかく、頭や首は硬い。水よりも氷が効く。
テオ・テスカトル 頭>後脚・尾>首腹・背・前脚 頭>後脚>首腹>背・前脚・尾 尾>頭>後脚>背>首腹・前脚 - × ×
首と腹部分は同じ扱い。翼は硬い。頭に対しての水、または尾に対しての氷はかなりよく効く。だがそれ以外にはやや効きにくいので△。
テツカブラ 頭・前脚>牙・後脚・尻尾 頭・牙>前脚・後脚 頭>牙・前脚・後脚 - × ×
基本的にどの部位も3種の攻撃系統には弱い。尻尾が膨張している状態だと頭と同等の柔らかさになり切断、打撃、弾、どれもよく効くようになる。属性では水がよく効く。火は完全に無効化。
ドスイーオス 体>頭 体>頭 頭・体
頭よりも体の方が弱いが弾に限りどちらも弱い。属性では水と雷が有効。
ドスゲネポス 頭・体 頭・体 頭・体 ×
ドスイーオスと違い、どこに攻撃しても三種類の攻撃系統は非常によく効く。属性は氷と雷が弱点。
ドスジャギィ 頭・体 頭・体 頭・体 ×
ドス〜の中では最弱な存在であり、肉質も貧弱となっている。龍属性を除きなんでもよく効くと言っていい。
ドスランポス 頭・体 頭・体 頭・体
ドスジャギィ以上に貧弱な肉質。属性の中では特に氷に関しては頭に当てても体に当てても有効。
ネルスキュラ 頭・腹>胸・脚根>棘・脚先 頭・腹>胸・棘>爪・脚根・脚先 頭・腹・棘>胸>脚根
×
- × -
-
脚は根元と先端部分で肉質が差別化されている。弾だと棘にも有効。火と雷は下段が外套皮の破壊後。外套皮は胸にダメージ蓄積で破壊される。破壊前は火属性が通るが破壊後は雷属性が通るようになり弱点が入れ替わる。
バサルモス 脚・尾先>他 腹・脚>他 腹・脚>他
グラビモスの幼体であるが、グラビモスよりも肉質が堅い。また、グラビモスと違って腹の部位破壊以外では部位破壊しても肉質が低下しない。腹のみ、部位破壊で極端に弱くなる。属性はグラビモスと違い水が特に効くわけではないがどれも万遍なく効く。
バサルモス亜種 脚・尾先>他 腹・脚>他 腹・脚>他 ×
三種の攻撃系統に関しては原種とほとんど同じ性質を持っている。腹の部位破壊で弱くなるのも同様。属性は原種と違って龍に強い代わりに氷に弱くなっている。
ババコンガ 頭・前脚>後脚・尾>胴 頭>前脚・後脚・尾>胴 頭>胴・前脚・後脚>尾 -
攻撃系統はどれも問題なく通じるが切断と打撃に対して胴のみ強め。属性はほぼ横並びだが水と雷は胴に通じない。
ババコンガ亜種 頭・後脚・尾>前脚・胴 頭・後脚>前脚・胴・尾 頭>胴・尾>前脚・後脚 × -
頭と後脚が弱いが弾は脚には通じにくい。属性では火は効きにくく氷が最もよく効く。特に尻尾に対しての氷属性が最大の効果。
ブラキディオス 頭・前脚>胴・尾>後脚 頭・前脚>胴・後脚>角・緒 頭・尾>後脚>前脚 - × ×
角が堅い。脚に対する龍属性は無効。
フルフル 頭・首・胴>翼・脚>尾 頭・首・胴>翼>脚・尾 頭・首>脚>胴・翼・尾 × × - ×
尻尾は堅いが弾はある程度効く。翼や脚も固め。属性は火のみ効きほかは効果は薄い。雷は完全に無効。
フルフル亜種 頭・首・胴>翼・脚>尾 頭・首・胴>翼>脚・尾 頭・首>脚>胴・翼・尾 × × - ×
3種類の攻撃系統に関してはほとんど原種と同じ。属性は火属性に強くなっている代わりに水に弱くなっている。
ラージャン 頭>尾>胴・前脚・後脚 頭>胴>前脚・後脚・尾 頭>胴>前脚・後脚>尾 - × × -
前脚は色が変わるととてつもなく硬くなり切れ味が最高でも弾かれる。弾に関しては無効化される。
激昂したラージャン 頭>尾>胴・前脚・後脚 頭>胴>前脚・後脚・尾 頭>胴>前脚・後脚>尾 - × × -
肉質はラージャンとほぼ同じ。尻尾の部位破壊が発生しないのが通常ラージャンとの違い。
リオレイア 頭・腹>首・脚>背・翼・尾 頭・腹>首・脚>背・尾 頭・腹・脚>首>背・翼・尾 -
頭と腹が切断、打撃、弾のどれにも弱い。翼は打撃に強い。属性は龍属性が最も効き、次に雷。
リオレイア亜種 頭・腹・脚>翼・尾先>首・背 頭・腹・脚>背・翼>首・尾 頭・腹・足>背>翼・尾先 - × ×
首が原種よりも堅い。また、原種と違って尾と尾先で肉質が分かれている。属性に対する耐性は原種より強い。
リオレイア希少種 背>翼・尾先>脚>腹 背>翼・尾先>脚>腹 脚>腹・背・尾先>翼 - -
頭が硬く大抵の攻撃を弾くが、部位破壊後は斬撃、打撃に対してはもっとも弱い箇所になる。ただし、属性に関しては部位破壊前の方が弱い。雷に非常に弱く、龍は無効化される。
リオレウス 頭・尾>腹>首・背・翼・脚 頭・腹>尾>首・背・脚 頭・足>翼・尾>首・背・腹 -
リオレイアと比べると首や腹が堅い。属性耐性はリオレイアとほぼ同様。
リオレウス亜種 頭・脚>首・腹・尾先>翼 頭・脚>腹・尾先>首・背 頭・腹>尾先>首・背・翼・脚 -
原種と比べると弾に弱くなっている。また属性に関しても全体的に弱体化している。
リオレウス希少種 背>翼>脚・尾先>腹・尾 背>翼>脚・尾先>腹・尾 脚>腹・背>翼・尾先 - -
リオレイア希少種同様、頭が非常に固い。しかし部位破壊すれば極端に斬撃と打撃に弱くなる。属性に関しては部位破壊後のほうが通りにくくなるのも同様。水がもっとも効く。

モンハン4G攻略>モンスター一覧&弱点早見