リオレウス -モンハン4G-

モンハン4G攻略モンスター一覧&弱点早見>リオレウス


リオレウス基本データ

リオレウス紹介

モンハン4G リオレウス

リオレイアは雌、リオレウスは同種の雄。リオレイアと比べると空中に上がる頻度が高い。リオレイア同様、閃光玉を持っていれば滞空時に落とすことができ、隙を作れる。リオレイアとの違いは、爪に毒があることで、空中からの急襲攻撃は一瞬にして距離を詰めつつ襲ってきて、当たれば毒状態となる。


登場クエスト

下位 村★5「碧落に見えし、空の王者!」、村★5「火竜を捕獲せよ」、村★6「誇り高き最強夫婦!」
集★3「空の王者を捕えたてまつれ!」、集★3「空の王者・リオレウス」
上位 集★5「最も危険な運び依頼」、集★6「高難度:赤き王と蒼き王」、集★7「王者達よ、拝謁の至福」
G級 G★2「九天を巡る王」

部位耐久値(色は虫エキス)

尻尾 - -
2 0.5 1.5 1 1.5 1 - -

アイテム効果

閃光玉 音爆弾 落とし穴 シビレ罠 罠肉
× △(スタミナ減少&未発見)

サイズ

キング 2104以上 ビッグ 1967以上 スモール 1540以下

状態異常耐性

- 初期耐性 効果時間 ダメージ
麻痺 -
睡眠 -
気絶 -
減気 -
乗り - -
爆破 -

部位破壊条件

頭部の耐久値を2回ゼロにする
翼の耐久値を1回ゼロにする
背中 背中の耐久値を1回ゼロにする
尻尾 切断系統の攻撃で尻尾に一定のダメージを与える

肉質

肉質の解説

リオレイアと同じで頭部が弱いが、あちらと比べると全体的に肉質は堅い。ただし尻尾はリオレウスの方が弱い。属性に関しても、リオレイア同様に龍>雷>水=氷となっている。

各肉質データ

切断:65 打撃:65 弾:55
火:0 水:10 氷:10 雷:15 龍:20
気絶:100

切断:30 打撃:30 弾:20
火:0 水:10 氷:10 雷:10 龍:10
気絶:0

切断:40 打撃:50 弾:15
火:0 水:5 氷:5 雷:20 龍:10
気絶:0

背中 リオレウス肉質

切断:25 打撃:30 弾:20
火:15 水:10 氷:10 雷:20 龍:25
気絶:0

切断:25 打撃:20 弾:25
火:0 水:10 氷:10 雷:25 龍:35
気絶:0

尻尾 -

切断:30 打撃:25 弾:45
火:0 水:5 氷:5 雷:10 龍:10
気絶:0

切断:45 打撃:40 弾:25
火:0 水:5 氷:5 雷:10 龍:20
気絶:0

-

剥ぎ取り

部位など 下位 確率 上位 確率 G級 確率
本体(3回) 火竜の鱗
火竜の甲殻
火竜の翼膜
火炎袋
火竜の骨髄
40%
28%
19%
8%
5%
火竜の上鱗
火竜の堅殻
爆炎袋
火竜の翼
火竜の延髄
38%
29%
15%
13%
5%
火竜の延髄
火竜の剛翼
火竜の厚鱗
尻尾(1回) 火竜の尻尾
火竜の鱗
火竜の骨髄
火竜の逆鱗
60%
20%
17%
3%
火竜の尻尾
火竜の上鱗
火竜の延髄
火竜の逆鱗
火竜の鱗
火竜の紅玉
48%
22%
10%
10%
7%
3%
捕獲 火竜の甲殻
火竜の翼膜
火竜の骨髄
火竜の尻尾
火竜の逆鱗
42%
29%
18%
9%
2%
火竜の堅殻
火竜の翼膜×2
火竜の骨髄
火竜の尻尾
火竜の延髄
火竜の逆鱗
火竜の紅玉
38%
18%
16%
12%
8%
5%
3%
部位破壊(頭部) 火竜の鱗
火竜の甲殻
火竜の逆鱗
66%
30%
4%
火竜の上鱗
火竜の堅殻
火竜の甲殻×2
火竜の逆鱗
火竜の紅玉
57%
25%
8%
6%
4%
部位破壊(背中) 火竜の甲殻
火竜の骨髄
火竜の逆鱗
69%
30%
1%
火竜の堅殻
火竜の延髄
火竜の紅玉
69%
30%
1%
火竜の重殻
部位破壊(翼) 火竜の翼爪
火竜の翼膜
竜の爪×4
70%
15%
15%
火竜の翼爪×2
火竜の翼
竜の爪×5
60%
25%
15%
火竜の剛翼爪×2
落し物(食事時、空中で攻撃受け落下時) 竜のナミダ
火竜の鱗
火竜の逆鱗
74%
24%
2%
竜のナミダ
竜の大粒ナミダ
火竜の上鱗
火竜の紅玉
38%
37%
23%
2%
火竜の延髄
竜の大粒ナミダ

攻撃方法

突進

威力下位

威力上位

威力G級

威力Lv100

地上で使うもの。ターゲットに対して真っ直ぐ走っていく。攻撃判定の発生は動作と同時に足元に出るが、前兆動作が全く無いために至近距離で見てから回避するのは不可能となっているため、シンプルだが危険性の高い攻撃。気絶値もかなり高く、連続で2回喰らってしまうとそれだけで気絶が確定する。一度喰らって起き上がったところに重ねて突進してくることが多い。接近する場合、常にこの攻撃を意識して、出来る限り正面で動きを止めないようにするのが重要。

属性

-

使用頻度

ガード

可能

回転尻尾攻撃

威力下位

威力上位

威力G級

威力Lv100

180度ずつ2回、周囲360度を尻尾でなぎ払う攻撃。多くの大型モンスターが使うが、リオレウスのこれは平均的な性能。足元にもぐりこむと当たらないので攻撃チャンス。

属性

-

使用頻度

ガード

可能

火球

威力下位

威力上位

威力G級

威力Lv100

口から火の弾を吐き出すもので、地上、空中それぞれで使用する。リオレウスはリオレイアと比べれば地上での攻撃の激しさには劣る。リオレイアのように地上では連続で火球を発射することはなく、1発だけ前方に撃つのみ。滞空時に使う場合、斜め下に発射する。
また、咆哮後に行うようなバックジャンプしつつの火球発射を単体で行う場合もある。

属性

火・火属性やられ

使用頻度

ガード

可能

滑空突進

威力下位

威力上位

威力G級

威力Lv100

滞空状態から行う攻撃。体をピンと伸ばした状態で地面に水平に飛んでいく。リオレイアは体をくねらせながら突進するのに対して、リオレウスのこれは真っ直ぐ。行動後、そのまま滞空状態を維持する場合と、着地する場合がある。着地した場合はブレーキをかけている間は隙がある。

属性

風圧【小】

使用頻度

ガード

可能

空中なぎ払いブレス

威力下位

威力上位

威力G級

威力Lv100

リオレウスは空中でのブレスパターンが豊富となっている。これは空中で顔を振りつつ目の前をブレスでなぎ払うもの。リオレウスの前方扇範囲に攻撃判定が出現する。使う頻度は低い。

属性

火・火属性やられ

使用頻度

ガード

可能

低空爪攻撃

威力下位

威力上位

威力G級

威力Lv100

滞空状態で使う攻撃。正面にいるハンターに対して飛び掛りつつ爪で攻撃する。下記の高空版の爪攻撃と違い、ターゲットにロックオンして行うわけではないので動いていれば当たることは少ない。当たると毒状態となってしまう。

属性

使用頻度

ガード

可能

高空爪攻撃

威力下位

威力上位

威力G級

威力Lv100

リオレウスはリオレイアと違い、低空の滞空状態から高空まで上昇する場合がある。この攻撃は高空に移動した場合の2種類の攻撃のうちの1つで、上昇してからターゲットの方を向き、高速で一気に飛びかかり、また元の位置に戻る。襲い掛かる時のスピード、戻る時のスピードはターゲットまでの距離があればあるほどに高速になるので、距離があっても一瞬で攻撃を喰らう。また、ターゲットをよく狙い定めて繰り出してくる攻撃のため、走っていても回避できない。ガードするか、ジャンプ回避をする、あるいはリオレウスの真下のあたりまで移動すれば当たらない。

属性

使用頻度

ガード

可能

高空連続ブレス

威力下位

威力上位

威力G級

威力Lv100

高空に移動した時の攻撃方法その2。高い位置に移動してから、地上に対して3発の火の球を発射する攻撃。真下にいれば当たらないが、少しずつ後ろに下がりながら3発撃つ。動きを止めていなければ当たる攻撃ではないので、爪攻撃と比べると脅威度は低い。

属性

火・火属性やられ

使用頻度

ガード

可能

咆哮・バックジャンプブレス

威力下位

威力上位

威力G級

威力Lv100

リオレウスはハンター発見時、怒り状態移行時に咆哮を行うが、このうち後者では、咆哮の後に必ずバックジャンプブレスを行う。耳を塞ぐ動作の硬直が終わっていないうちにブレスを繰り出してくるため、咆哮時に真正面にいて耳栓スキルをつけていない場合、確定で火球を食らってしまう。リオレウスと戦う場合は耳栓スキルはかなり有効なのでできれば発動させよう。

属性

-

使用頻度

ガード

可能



モンハン4G攻略モンスター一覧&弱点早見>リオレウス